インタビュー:アメリカン航空流通戦略マネージャーの渡辺氏

日本支社に新ポスト、GDS出身者が就任
旅行会社がNDCを利用するメリットは

  • 2018年6月5日(火)

-NDCでの接続方法を教えてください

渡辺 3種類の方法がある。まず、システム会社と協力して開発したウェブサイト経由の接続で、AAが用意したIDとパスワードを入力してログインし、予約・発券する。セットアップが簡単で旅行会社は無料で利用することができる。もちろん、ここで発券できるのはAAの航空券のみとなる。

 2つ目は、AAとのダイレクトコネクト。AAが持っているデータをNDCによって、旅行会社に直接提供する。これを利用し旅行会社は、自社でシステムを開発する必要があるためコストがかかることになるが、旅行会社のバックオフィスシステムと連携でき、管理しやすい。大手旅行会社、OTAなどの利用を想定している。

 3つ目は、アグリゲーター経由での接続。ダイレクトコネクトの構築や固有の予約ツールを開発することができるほか、アグリゲーターの既存のソリューションを利用することも可能だ。アグリゲーターは、AAをはじめとする多くの航空会社とのNDC接続を可能としているため、旅行会社にとってはアグリゲーターと接続していれば、複数の航空会社のコンテンツが利用できることになる。


-システム導入のコストは

渡辺 AAから何かしらかの費用を旅行会社に請求することはない。ただ、ウェブサイト経由の接続以外は、旅行会社側で開発に関わる費用が発生することになる。アグリゲーター経由については、利用するアグリゲーターによって費用は変わってくる。アグリゲーターと旅行会社が契約の当事者になるため、AAはそれをサポートする形になる。他の2つの方法については、AAが直接旅行会社に展開する。

 旅行会社の業態や規模によって、適切な接続方法は変わってくる。たとえば多くの航空会社を取り扱う大手旅行会社やOTAであれば、弊社との直接接続、もしくはアグリゲーター経由の接続が適切だろう。

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ