• マーケットトレンド
  • ケーススタディ
  • スペシャリスト
  • べニュー
  • セミナーレポート
  • コラム
  • ディスティネーション

MICEコラム:(2)「MICEサプライヤーの上手を行く」(その1)

  • 2011年7月12日(火)

 旅行会社へのセミナーやワークショップでは、「MICEのサプライヤーの上手を行く!」とうスローガンを掲げています。今回はMICE顧客(=企業)の立場に立ち、この考え方を解説していきます。

 企業がなぜ旅行会社にMICEを依頼するのか。

 その答えは単純明快です。自分達で直接サプライヤーであるホテルやコンベンション施設、カンファレンス施設に対応するよりも、便利だからです。

 そして旅行会社は企業の担当者(通常イベント・プランナー、あるいはミーティング・プランナーの仕事をしている人達)がサプライヤーと交渉やコミュニケーションを直接するよりも、企業の視点で企業の期待を上回るサービスと成果を提供することが肝要です。

 MICE周辺を大きく二つに区分すると、MICEを計画し、準備し、実施する主体、つまりは企業と、それを支援しプロダクツとサービスを提供するサプライヤーとに分かれます。旅行会社も勿論サプライヤーの一業種であるのですが、今回は旅行会社を除く全てのサプライヤーとして定義して話を進めていきましょう。

 サプライヤーとはMICEが開催されるホテルなどの宿泊宴会施設、コンベンション・センター、カンファレンス・センター、ホール、単独の宴会場、輸送としての航空会社、鉄道会社、PCO(プロフェッショナル・コングレス・オーガナイザー)などの会議運営会社、イベント会社、レンタル会社などが含まれます。

 MICEは幅広い多業種に渡るプロダクトやサービス領域を結合・統合して計画実施されるので、それらのパーツひとつひとつを企業のMICEの目的や目標を理解し、効率良く整合し、組み立てていくデザイナーの役目が旅行会社に求められています。過去の「旅行を手配する。」から「MICEをデザインする。」と言っていいかも知れません。



 まず「ASAP(ASAP)=即座に」の解説をしていきます。旅行会社が多くのMICEを開催している会場の一つであるホテルを例に取って、話を進めていきましょう。

 当然の事なのですが、サプライヤーは自社のプロダクト・サービスのみしかMICE顧客に提供できません。反対に、この地球上存在する全てのリソースを活用してMICEをデザインすることが可能なのが旅行会社なのです。そして、All-In-One(窓口は一本の)サービスは企業にとって、大きなベネフィット(利点)なのです。

 最近、多くのサプライヤーが企業と直接取引をすることが多くなりました。ホテルの直接契約などがその一例です。Time is Money(時は金なり)はますます加速し、現代ではスピードが不可欠な時代となってきています。特にMICEを計画する企業は迅速な対応を必要としており、即座に回答を求められる時代となっています。

 ところが、旅行会社の企業の窓口はほとんどの場合、担当営業パーソンというケースが多いので、企業からの問い合わせに迅速に対応できないのが現実のようです。さらに添乗業務などで長期に渡り、留守にすると、企業はますます即座に回答をしてくれるサプライヤー・ダイレクトへシフトしてしまいます。

 MICEに関しては営業部の中にインサイド・レップなど仕組みを作ることが大事です。MICEには10人単位から何千人規模のものもあり、スタンダードはありませんが、収容能力や使い回しを考えると、実は会場がかなり限定されてくるのです。

 アクセス、収容能力、宴会場等の高さも含むスペースの容積、食事のスタイルであれば、着席、バッフェなど。あるいはAV機器、照明、スクリーンの大きさ、ステージの大きさなど。質問の内容もある程度MICEを経験すると、予見することが可能となります。可能な限り企業よりの問い合わせに即座に応えることが大事です。

 またMICEの見積もりと一緒に提出するプロポーザルや企画書には、開催前、開催中、必要とならば開催後もコンタクトをしっかり明記しておくと企業に取り安心感を与えます。

その2に進む

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS