• マーケットトレンド
  • ケーススタディ
  • スペシャリスト
  • べニュー
  • セミナーレポート
  • コラム
  • ディスティネーション

MICE、関係者同士の連携強化を-旅行会社の総合力を生かし需要創出へ

MICEで事業領域拡大へ
旅行会社ならではの「総合力」活かした提案を

 旅行会社各社はMICEの専門部署や会社を立ち上げるなどMICEへの取り組みを強化しており、特に大手旅行会社は大型のスポーツ大会やイベント、展示会などに主催側として積極的に関わる事例が増えてきた。浅井氏は「大手旅行会社ではPCO(プロフェッショナル・コングレス・オーガナイザー)との境目が消えてきたのでは」とし、旅行会社が事業領域を拡大しているとの見方を示した。

 大手だけでなく、中小旅行会社についても、身近な団体のニーズを探ることでイベントを作り出すことが可能だ。浅井氏は「需要があるが見えていないだけ」と指摘。例えば大型マンションの入居者たちのミーティングや、入居に際してのオリエンテーションもMICEであるとし、「集いの機会を演出してあげるのが大切」であるという。

 また、浅井氏は旅行会社の総合力はMICEの提案の際にメリットになると話す。格安で旅行を提供するオンライン旅行会社(OTA)の台頭や、ホテルや航空会社の直販化が進んでいるが、MICEについては依然として旅行会社経由での実施がほとんど。

 浅井氏は「宿泊施設や航空会社といったサプライヤーは、当たり前だが自分のプロパティしか売れない。地球上に存在するすべてのパーツを活用して良いMICEを作れるのは旅行会社だけ」と強調。旅行会社の強みは、素材を組み合わせて提案ができる「総合力」とし、格安で宿泊施設や航空会社など素材を提供するOTAなどに対し「旅行会社の総合力で、MICEを提案することで戦っていける」と述べた。

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS