• マーケットトレンド
  • ケーススタディ
  • スペシャリスト
  • べニュー
  • セミナーレポート
  • コラム
  • ディスティネーション

MICE、関係者同士の連携強化を-旅行会社の総合力を生かし需要創出へ

地域のネットワーク形成が重要
旅行会社が取りまとめを

京都で開催されたILTM Japan(インターナショナル・ラグジュアリー・トラベル・マーケット・ジャパン)では、建仁寺でオープニングパーティーを実施。三重や岡山でプレトリップもおこなった  MICEに対する旅行会社の動きが活発化するなか、浅井氏はMICEを提案する際、関係者とのネットワーク作りが重要だと指摘する。例えば海外でのインセンティブの場合、旅行会社はユニークベニューや演出、宴会場の情報を収集し、それぞれのプロパティとネットワークを構築しておくことが大切だ。浅井氏は、「現地ビジネスの仕組みを理解し、信頼あるイベント会社、演出、プロデューサーと最初からアライアンスを組むことは必要。オーガナイザーもそうした人のネットワークを見て旅行会社に依頼する」と述べた。

 インバウンドについても同様で、地方自治体や旅館、コンベンション施設とアライアンスを組むことで、ビジネスチャンスが生まれてくる。インバウンドの場合、観光庁によるMICE関連の活動は国際会議が中心だが、浅井氏によれば、国際会議は東京、横浜、大阪、京都の4都市で開催総数の3分の2を占めており、受入可能な大都市はある程度決まってくる。このため、「国の動きと各自治体の動きは分けて考えるべき」で、地域ごとにどのMICEを扱うかを検討していく必要があるという。

 例えば国際会議の受入が難しい自治体では、国際会議を誘致した自治体と協力すれば、ポストコンベンションツアーや小規模のオフサイトミーティング、オプショナルツアーなどに絡むことができる。浅井氏は地域でアライアンスを組み、「地域にどうやってお金が落ちる仕組みを作るかが大切」と説く。アライアンスを組む際に旅行会社が絡む余地があるとし、実際にアライアンスのコーディネートを旅行会社が担当し、地域活性化をはかる動きも現れてきているとした。

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS