• マーケットトレンド
  • ケーススタディ
  • スペシャリスト
  • べニュー
  • セミナーレポート
  • コラム
  • ディスティネーション

MICEケーススタディ:現場での精緻な誘導、対応力-ミキ・ツーリスト

精度の高いオペレーションを徹底
現場での対応力を重視、時には顧客の「説得」も

  • 2012年10月30日(火)

旅行会社へ「顧客の要望と現実とのギャップの理解を」

 現地でのオペレーションや事前手配には、旅行会社やオーガナイザーとの協力は欠かせない。檀原氏は旅行会社からの依頼について「お客様の側だけ見ていたら、現実としてその要望が成り立たないことがある」と指摘。現地の事情と顧客のニーズのバランスを上手くとれるようにしてほしいと話す。

 例えば、歯ブラシやスリッパなどは、日本のホテルでは各部屋に設置されている場合が多いが、ヨーロッパのホテルにはほとんどないのが現状だ。快適に旅行するために本当に必要なのか、顧客に説明すれば持参してくれる可能性もあるのに、コストをかけてまで用意する必要があるのかを考慮して欲しいという。

 また、MICEの1団体でホテルを貸切る場合、参加者が同じ時間帯にシャワーを利用するとお湯が出なくなるケースがあり、特にヨーロッパの小さなホテルではその傾向が強い。不便を避けるためにも、予め参加者に予備知識として伝え、時間をずらすなどの対策は必要だ。

 檀原氏は、旅行会社の要望には真摯に対応するが、検討すれば代案は出てくると指摘。「我々や旅行会社は、現実と文化の違いなどのギャップをお客様にどう説明し、快適に過ごしてもらえるか考えなければならない」と、オペレーターと旅行会社が協力し、オーガナイザーにとって本当に良い結果は何かを考慮してMICEに取り組んでいくべきとの考えを示した。

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS