• マーケットトレンド
  • ケーススタディ
  • スペシャリスト
  • べニュー
  • セミナーレポート
  • コラム
  • ディスティネーション

MICEスペシャリスト:日本コンベンション事業協会女性部会長の西川洋子氏

人材育成には経験の蓄積が重要
長く活躍できる環境づくりを

  • 2012年5月15日(火)

Q.テーマに「研修・教育」がありますが、若手が成長するために必要なことは何でしょうか

 まずは経験を積むことが大切です。コンベンションの現場は1件ごとにそれぞれ独自のもので、共通のマニュアルは存在しません。まずは先輩とOJTで現場に出て、先輩の動きを見ながらスキルを身に着けていってもらいたいと思います。

 経験を積むに従って、仕事のやり方やその内容、顧客から求められるものも変わってきます。若いうちは顧客の要望通りに仕事をこなすので精いっぱいですが、経験が豊富になるほどコンサルティング的なところまで求められます。例えば、我々の答え次第で会議全体の流れが変わるような根本にかかわる質問をされるようにもなります。経験を積めば、顧客に求められた答えを自分で導き出せるようになっていく、その積み重ねが成長する上で大切なことと言えるでしょう。


Q.今までのご経験から、顧客とのやり取りで重要だと思うことは何ですか

 PCOはソフト、つまり「その人が、何ができるか」が商品の全てです。その人がどれだけ顧客のニーズを見極め、会議を作り上げていくかが重要となり、個人の判断や経験に委ねられる仕事といえるでしょう。

 顧客にもさまざまなタイプがあり、相性のあわない場合もあります。それでもフレキシブルに対応し、自分を相手にあわせ、相手のニーズを感じ取ることが求められます。顧客の立場になって、次の行動や仕事の流れを考えていくことが大切なのです。

 コンベンションや会議といっても、サミットや政府間交渉、医学学会など目的ごとにそれなりのルールやニーズがあり、種類や状況は全て異なります。過去の事例がそっくり当てはまるわけでもなく、一つの案件ごとに考え直していかなければなりません。また、毎年開催するような同じ会議でも会場や主催者のトップが変わればすべてが変わります。一つ一つのコンベンションを違うものと考えて対応していかなければ、顧客を満足させることはできません。

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS