• マーケットトレンド
  • ケーススタディ
  • スペシャリスト
  • べニュー
  • セミナーレポート
  • コラム
  • ディスティネーション

MICEで企業の課題を解決できる人材育成を-受注しやすい環境整備も

  • 2012年3月14日(水)

個人レベルの意識改革が不可欠

クライアント企業を連れてホテルインスペクションをする際も、旅行会社が主導権を握り、導線や会場のセッティングなどをホテル側とあらかじめ交渉し、調整しておくべき  また、浅井氏は「担当者の勉強不足の傾向は変わらない」とし、個人レベルでの意識の変革の必要性を改めて指摘する。ある講座の講師として参加した際、前に登壇した講師の講演内容について参加者にたずねたところ、誰もしっかりと理解していなかった。日本人は他国人に比べ質問をし難いという傾向はあるが、機会を逃さず自ら質問し、きちんとした知識を身につけることは、MICE担当者に限らず社会人として必要だ。そのためには、ある程度の語学力も身につけ、相手としっかりコミュニケーションを取ることが大切だという。

 また、クライアントとなる企業の情報収集も重要だ。インターネットで検索すれば、社長の年頭挨拶や中期計画など、最低限の情報を知ることができる。浅井氏は「いい情報は自分で取りに行く意識、探す意識がないと見つからない。そういう『意思』さえあればきちんとした情報を見つけることができる」と、MICE担当者の資質を示唆する。

 クライアント企業のことを知った上で、彼らがめざすMICEと同じゴールをめざすことが大切だ。こうした意識をもってはじめて、クライアント企業と強固なパートナーシップを組むことができる。たとえば旅行会社がホテル側と会場の料金などを交渉するとき、ホテル担当者の提示する内容をただ伝えるだけのメッセンジャーではなく、クライアント企業のめざすべきものを理解し、企業がよりよいMICEができるようにホテル側と交渉しなければならない。浅井氏は「サプライヤーは旅行会社にとっても大切な送客先」としながらも、「企業とペアを組んで問題を解決することが求められている」と指摘。「パートナーシップは難しいことではない。『一緒にやる』姿勢が大切。うまく交渉して、必要経費レベルまで交渉を進めていくべき」とした。

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS