JAL、新LCC「ジップエア」で20年に2路線、太平洋横断に熱意

  • 2019年3月9日(土)

▽太平洋路線で「パイオニアに」、ETOPSクリア後

西田氏  最初の運航便は、20年夏ダイヤで開設する成田/仁川、スワンナプーム線で、使用機材はB787-8型機。JLが使用した2機を導入する予定で、太平洋横断路線での使用を視野に入れ、航続距離の長いことなども勘案したことを伝えた。仁川線とスワンナプーム線を選んだ理由については、すでにLCCの需要が大きく、成長も続いている路線であることを挙げた。

 料金については「JLなど一般的なFSCの半分程度」とイメージを語ったが、座席クラスの構成や席数、サービスのレベル、販売戦略などの詳細については明らかにしなかった。「座席は良いものを選び、座席配置には相当ゆとりがある。従来のLCCと比べて違いを生むために熱心に準備している」という。

 西田氏はそのほか、早期の太平洋横断路線開設について「パイオニアになりたい」と熱意を示した。ETOPS(緊急時に双発機がエンジン1基のみで飛行できる時間を定めた基準)をクリアするために最初の1年目は洋上運航の実績を積むことに専念するが、早ければ2年目にも路線を開設したいという。就航候補地についてはコメントを避けた。

 昨年9月の会見で明かした「BtoBの収益モデル」に関しては「すでに複数の相談先がある」とのみ伝えた。JLとの関係についてはブランドの違いを強調しつつも「JLではマイレージ事業部にいたので、何か取り組んでいければ」と協働を示唆した。

 なお、航空運送事業許可は8日に申請。社員は4月から募集する予定で、職種別には募集せず「客室乗務員業務を中心に、空港旅客サービスやサービス企画など」を幅広くこなせる人材を集めるとしている。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

TIC事業継承
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

納豆を食べる時は

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ