ヒルトン、アジア太平洋でホテル倍増計画、196軒体制へ

  • 2019年2月28日(木)

 ヒルトン・ホテルズ&リゾーツは今後、アジア太平洋地域での運営ホテル数を大きく増加する計画だ。2018年第4四半期時点での施設数はアジア太平洋29ヶ国の106軒で、さらに今後90軒を開業する。昨年10月には「ヒルトン台北新板」を開業したほか、12月には「ヒルトン・ダナン」の営業を開始。今後も日本を含めて各地でホテル開発を進めるという。 

 なお、台北新板は客室数がデラックス38室とプレミアム・スイート14室を含む計398室で、客室内には50インチのテレビや高速WiFiなどの設備を用意。また館内には、3000平方メートルを超える宴会・会議施設や3ヶ所の料飲施設も設けている。

■海外ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行することは好きですか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ