ミャンマー / インレー湖が「ラムサール条約」に登録

  • 2018年10月16日(火)

 ミャンマーきっての保養地である「インレー湖」が、水鳥などの生息地として国際的に重要な湿地を登録して保全に努める「ラムサール条約」に登録されました。

 ミャンマー国内では、カチン州のインドージ湖に続く2番目の登録となります。

 インレー湖は267種類の野鳥をはじめとする豊かな自然に恵まれており、片足で舟を漕ぐインダー族の文化でも有名です。

情報提供:エーペックスインターナショナル株式会社日本海外ツアーオペレーター協会

■海外ニュース

UC
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

東京オリンピック観戦チケットの抽選申し込みに

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ