ピーチ、19年から「プレリクライニング席」、予め15度傾斜

  • 2018年4月12日(木)

SL3510モデル  ピーチ・アビエーション(MM)は2019年に受領予定のA320ceo型機から、ドイツのレカロ・エアクラフト・シーティング社製の最新型座席「SL3510」を導入する。快適さを高めるため、あらかじめ背もたれを15度倒して固定した「プレリリクライニングシート」で、MMによれば北東アジアのLCCにおける導入は初めて。また、座席全体がスリムな構造で、足元のスペースもこれまで以上に広くなる。

 MMは昨年4月に、主な利用者層と同じ20代と30代の女性従業員を中心とした、部門横断型の「機内座席選定プロジェクトチーム」を発足。座り心地や耐久性、利用者の声などを総合的に評価した結果、SL3510モデルの導入を決定したという。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

TIC事業継承
たびほアフィリエイトパートナープログラム
求人広告
ワンクリックアンケート

IATAのNDC(New Distribution Capability)について

投票する

助成金・補助金情報

「【秋田県】秋田犬の里 長距離フェリー旅行商品造成費等助成事業」
▽実施主体 秋田県環日本海交流推進協議会 ▽補助金交付の対象 旅行会社 ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ