阪急交通社グ、1月の海外は11.4%増、欧州やアジアが好調

  • 2018年3月14日(水)

 阪急交通社グループ3社の1月の旅行取扱状況で、海外旅行の取扱額は前年比11.4%増の168億4099万円となった。主力の阪急交通社は14.5%増の139億8298万円。取扱人数はヨーロッパ、アジア、ハワイ方面などが好調だった。

 業務渡航系の2社のうち、阪急阪神ビジネストラベルは3.8%減の29億2930万円。ヨーロッパが9ヶ月振りに減少したことが響いた。阪神トラベル・インターナショナルは12.0%減の2億5342万円。なお、3社の取扱額の合計はグループ内取引を相殺した上で発表している。

 3社の国内旅行の取扱額の合計は6.5%増の73億4469万円、外国人旅行の取扱額は43.5%減の4282万円だった。国内旅行と外国人旅行の詳細は別途記載(下記関連記事)。

■海外ニュース

SkyTeamワークショップ&セミナー2018
TABI Butler
求人広告
ワンクリックアンケート

サッカーW杯の優勝は

投票する

助成金・補助金情報

「【愛知県】蒲郡市観光協会 教育旅行インバウンド助成制度」
▽補助金交付の対象 ・日本にあるランドオペレーターまたはレップ ・直接宿泊手配をした...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ