ルックJTB、18年度は50周年で「安心パック」、豪州の販売強化

  • 2017年12月7日(木)

 JTBワールドバケーションズは12月1日から、「ルックJTB」の2018年度上期商品(4月~10月)の販売を開始した。7日に開催した商品説明会で、同社代表取締役社長の生田亨氏は、18年度にルックJTBが誕生50周年を迎えることを説明し、「ルックJTBをさらに進化させ、新しいお客様の需要に応じた新ブランドを市場に投入したい」と意気込みを語った。18年度は旅行需要が堅調に推移し、国際線の航空座席数も増加していることなどから、17年度比5%増の116万4000人の着地を見込む。

生田氏  新ブランドとしては、新たにFIT向けブランド「ダイナミックJTB」を展開(関連記事)。さらに、「安心・安全」への取り組みを強化する方針で、旅行者のサポートサービス「ルックJTB安心パック」を新設する。同社常務取締役東日本販売本部長の遠藤修一氏は、「国際情勢の不安でイベントリスクが常態化するなか、海外旅行者から『安心して海外に出かけたい』という声は多い」と語り、「ルックJTB独自の品質保証を、50年間蓄積した経験を活かしながら提供する」と意欲を示した。

 ルックJTB安心パックは、旅行前にメールで質問できる「ルックJTB RAKU旅サポート」や添乗員が回答する「タビマエ相談メール」、旅行を取り消す場合、次回の旅行を予約・参加すれば取消料を免除する制度など、これまで提供してきたサービスを取りまとめたもの。18年度からは、パスポートの紛失や事件、事故などに対応するため、新たに24時間日本語で対応する「JTB」緊急電話サービス」を開始。ルックJTBアプリでは、日本発着の国際線フライトの欠航や遅延を知らせる「緊急掲示板」機能を新設する。

パンフレットの表紙  18年度に特に強化する方面としては、新規路線の就航や増便などで座席供給量が増加しているオーストラリアを選定。専用パンフレット「わくわく!豪GO!オーストラリア」を作成し、初心者、家族旅行、女子旅などをテーマにツアーを展開する。4月から6月までは、今年の9月に開業した「ケアンズアクアリウム」を閉館後に貸切し、館内ツアーと夕食を楽しむオプショナルプランを設ける。このほか、今年に販売を強化したシンガポールと同様に、貸切オープントップバスの運行をシドニーでおこなう。なお、目標送客人数については、来年1月または2月に実施するキャンペーンの発表会で明らかにする予定。

次ページ>>>欧州・アメリカでツアーの一部を現地発着ツアー化

■海外ニュース

Travelport
アンケートキャンペーン実施中!
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

今年、旅行会社のニュースで印象に残ったのは?

投票する

助成金・補助金情報

「 【秋田県】長距離フェリー秋田航路 旅行商品造成費等助成事業 」
▽実施主体 秋田県環日本海交流推進協議会 ▽補助金交付の対象 旅行会社 ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ