ルフトハンザ、A350の羽田/ミュンヘン線導入は12月

  • 2017年10月31日(火)

 ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)は12月1日、デイリー運航中の羽田/ミュンヘン線にA350-900型機を導入する。LHにとって同型機の導入は世界で6路線目。北アジアでは北京/ミュンヘン線に続く2路線目となる。座席数はビジネスクラス48席、プレミアムエコノミークラス21席、エコノミークラス224席の計293席。

 LH日本・韓国支社長を務めるドナルド・ブンケンブルク氏は、発表に際して「LHのハブ空港であるミュンヘン空港と羽田空港を結ぶフライトにA350-900型機を就航できることを嬉しく思う」とコメント。また「最先端の機材で、全座席クラスでさらなる快適性と空間を提供する」と説明している。なお、同氏は10月20日に開催した記者懇談会で、17年冬ダイヤ中に同型機を羽田/ミュンヘン線に導入する計画を明らかにしていた。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

ベルトラ1
求人広告
ワンクリックアンケート

私の中のM-1グランプリの優勝は

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ