週間ランキング、1位はバリの噴火警戒-EXPO雑感

  • 2017年9月29日(金)

[総評] 今週は、バリ島の噴火警戒レベル引き上げを受けて日本の外務省が注意喚起のスポット情報を発出した記事が1位になりました。自然ばかりはどうしようもなく、何もなくレベルが下がることを祈るしかありませんが、キャンセルなどの影響が出てきているとも聞きます。

 考えてみると、前にも当欄で書いたかもしれませんが、噴火であったり地震であったり、あるいは水害など現代の人間に大きな被害をもたらす天災も、それが地球になければ成り立たなかった観光素材も多くあるでしょう。また、そういった災害の多寡が、気候などと同じくその地域に住む人々の気質を左右してきた可能性もあるはずです。

 だから文句をいうなという話ではありませんし、これまで被害にあわれた方々のお気持ちを無視するつもりもありませんが、そうした災害を忌み嫌うばかりでなく、地球が生まれてから46億年という悠久の時間に思いを馳せ、角度を変えてそれを見てみることにもきっと意味はあります。個人的には、ですが、せっかく一度きりの人生ですし自分勝手に近視眼的にしか判断できないでいるよりも、多様なものの捉え方をできるようにいたいと考えています。

 さて、今週はこのほか、ツーリズムEXPOジャパンに関わる話題も多くランクインしました。少人数の体制で3日間に渡り総力戦の取材をしたわけで、掲載する記事に占める割合は必然的に高くなり、ランキングで幅を利かせるのも当然といえば当然ですが、年に一度のお祭りですのでご容赦ください。

 今回のEXPOでは、21日の商談会と22日の業界日、そして23日、24日の一般日で合計19万1500人が来場し、過去最高を更新したとのことです。はっきりいって確認しようのない数字ですのでどう受け止めるべきか分かりませんが、たしかに一般日の印象としては例年以上の盛り上がりが感じられ、また商談会も概ね活況の様子でしたので無事に一定の成功を収められたといえるでしょう。

 ただ、今回は色々と感じることの多い回でもありました。まず、海外旅行エリアのブースが、良くいえばシンプル、悪くいえば安っぽくなってきてはいないでしょうか。あくまで個人的な感覚ですが、国内が変わらず熱気を帯びているのに対して、「もう出展しなくていい気がするけどお付き合いもあるし…」というような消極性が表出してしまっているような印象を受けました。

 もちろん営業努力によってブース出展を実現されている関係者もおられるなかで恐縮ですが、あえていえば、ブースが埋まれば良いというものでもありません。先ほど個人的な感覚と書きましたが、少なくとも10人以上の方から同様の意見を聞いており、このまま行くと海外がおまけのようになってしまうのではないかと懸念しています。

 また、こちらは以前から指摘され続けていることですが、パンフレットが読まれもせずに会場内で捨てられゴミの山となる問題は、いい加減どうにかならないものでしょうか。今回、ゴミ捨て場の前で「獲物」を選り分けている若い女性を見たのですが、能面のような表情で次から次に資料を手際よく捨て続け、何を手元に残しているかといえばクリアファイルなどそんな程度で、狂気すら感じてしまいました。

 第8位のフォトニュースでも書きましたけれども、次回は2018年9月に同じ東京ビッグサイトで開催されるものの、以降は19年に大阪、20年に沖縄と移動していくことが決まっています。普通に考えれば、大阪と沖縄での開催時には規模も来場者も減ることになるはずです。

 しかし、逆にいえば「旅の祭典」とはなんなのか、誰に何を伝え、どうモチベートしたいのか考え、再構築するための最大の好機とすることも可能でしょう。そのためには、資料バラマキ型の是非を含めて、関係者それぞれが考えていかなければなりません。せっかくここまで成長したイベントですから、是非良い形で続いていってほしいと思います。(松本)

▽日刊トラベルビジョン、記事アクセスランキング
(2017年09月23日0時~09月29日18時)
第1位
外務省、バリ島に注意喚起、噴火警戒レベル引き上げ(17/09/25)

第2位
関空、8月の国際線旅客は12%増、日本人が70万人超え(17/09/26)

第3位
JALとハワイアンが業務提携、来夏から共同運航、ATI申請も(17/09/26)

第4位
KNT-CT、分社3社の役員人事など発表、組織改正も(17/09/28)

第5位
EXPO、来年もBtoB強化で「第2ステージ完成」へ-田川氏(17/09/24)

第6位
ツーリズムEXPO、今年の最優秀出展ブースはKTO(17/09/25)

第7位
コスタ、北朝鮮問題で方針転換、18年日本は太平洋側に注力(17/09/27)

第8位
写真で観るツーリズムEXPO、19万人超の活況を紹介【フォトニュース】(17/09/27)

第9位
EXPO、「JAPAN NIGHT」に代わりレセプション、2会場で(17/09/24)

第10位
ピーチ、新たに4路線就航-仙台を第3拠点化(17/09/25)

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

ニュージーランド航空 Great New Zealand Sale
求人広告
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

10月22日の衆議院選挙には

投票する

助成金・補助金情報

「 【秋田県】長距離フェリー秋田航路 旅行商品造成費等助成事業 」
▽実施主体 秋田県環日本海交流推進協議会 ▽補助金交付の対象 旅行会社 ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ