外務省、台湾と中国沿岸部に注意喚起、14日に「タリム」接近

  • 2017年9月13日(水)

 外務省はこのほど海外安全ホームページで、台湾と中国の沿岸部について注意喚起のための広域情報を発出した。9月14日から15日にかけて、非常に強い勢力の台風18号(国際名「タリム」)が接近する見込みであることから、旅行者には最新の気象情報の入手に努めるとともに、適切な安全対策を講じるよう呼びかけている。台風は13日13時50分の時点で宮古島の東約60キロメートルの位置にあり、時速15キロメートルの早さで北西に進んでいる。

 具体的な安全対策としては、気象庁のウェブサイトなどから情報の収集に努め、台風による被害が予想される場合には渡航を控える、日程や訪問地などを変更することなどを要望。また、懐中電灯や携帯用ラジオの確保、飲料水や食糧の備蓄、家族への緊急連絡先の伝達、避難場所の確認なども求めている。そのほか、台風の通過後にも地盤の緩みに伴う土石流など、予測できない2次災害が発生する可能性があることに留意すべきとしている。

■海外ニュース

シンガポール・トラベルマート&セミナー2017
TASA後払い
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

信じられないものは?

投票する

助成金・補助金情報

「 【秋田県】長距離フェリー秋田航路 旅行商品造成費等助成事業 」
▽実施主体 秋田県環日本海交流推進協議会 ▽補助金交付の対象 旅行会社 ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ