マレーシア/9月より「宿泊税」の導入を開始

  • 2017年8月25日(金)

 2017年9月01日(金)より、マレーシア全国のホテルにおいて「宿泊税」(Tourism Tax)が導入され、ホテルからお客様への徴収が開始されます。

■「宿泊税」(Tourism Tax)の概要〔税名称〕
宿泊税(Tourism Tax)〔施行および徴収開始日〕
2017年9月01日(金)から〔徴収方法〕
施行当初は宿泊者がホテルに直接支払う。〔課税対象〕
マレーシアの全てのホテル。(政府管掌の宿泊施設、ホームステイは除きます。)〔課税額〕
課税対象となる全てのホテルにおいて一律 MYR10/1泊1室。〔徴収の目的〕
* マレーシア政府の観光産業発展への取り組み
* マレーシア国内の観光インフラの整備
* マレーシア国内の自然保護
* マレーシア国内の文化遺産、建設遺産の保全  などに使用。

---
 なお、現在、マレーシア政府内でも情報が錯綜し混乱しており、説明を受けた関係責任者(政府)も完全に把握しきれていない状況にあります。また徴収システム(プログラム)の稼動も確認できていないとのことで、今後、徴収方法や払い戻しなどの詳細な部分については、変更などが発生する場合もあります。

 現時点での決定事項は、9月以降、マレーシアのホテルに宿泊される方は、原則、宿泊税を現地で直接支払うこととなります。

 本年9月以降にマレーシアへのご旅行をご予定の方は、あらかじめご了承ください。

情報提供:クリエイティブ・ジャパン 株式会社日本海外ツアーオペレーター協会

■海外ニュース

シンガポール・トラベルマート&セミナー2017
TASA後払い
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

信じられないものは?

投票する

助成金・補助金情報

「 【秋田県】長距離フェリー秋田航路 旅行商品造成費等助成事業 」
▽実施主体 秋田県環日本海交流推進協議会 ▽補助金交付の対象 旅行会社 ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ