外務省、メルボルンでの人質事件受け注意喚起、テロの可能性

  • 2017年6月7日(水)

 外務省は、6月5日午後に豪州のメルボルンで発生した人質事件を受けて、注意喚起のためのスポット情報を発出した。同事件では男がアパートに押し入って女性を人質にとり、その後、警察との銃撃戦により射殺されたが、ISIL関連の通信社は「ISILの戦闘員によるもの」と報道。豪政府もテロ事件との見方を示し、警戒を呼びかけている。

 事件のあったブライトン地区はビーチなどがある、日本人も多く訪れる地域。外務省は旅行者に対しては、最新の関連情報の入手に努めるとともに、テロなどの標的になりやすいと考えられる場所を訪れる際には、周囲の状況に注意を払うよう呼びかけている。そのほか「たびレジ」への登録も要請している。

 オーストラリアでは、2014年12月にはシドニーで人質立てこもり事件が発生。また、昨年9月にはISILがウェブマガジンを通じて、同国の象徴的な場所でのテロ行為を呼びかけている。メルボルンについては昨年12月にカンタス航空(QF)が成田/メルボルン線のデイリー運航を開始。日本航空(JL)も9月1日から同路線のデイリー運航を開始する。

■海外ニュース

ビズリーチ
求人広告
ワンクリックアンケート

私の中のM-1グランプリの優勝は

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ