ルフトハンザ、エティハドとコードシェア、ウェットリースも

  • 2017年1月11日(水)
 ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)は先ごろ、エティハド航空(EY)とのコードシェア協定の締結を発表した。今月からEYが1日2便で運航するアブダビ/フランクフルト、ミュンヘン線にLH便名を付与する。EYもLHが運航するフランクフルト/リオデジャネイロ、ボゴタ線にEY便名を付与する。

 また、ドイチェ・ルフトハンザAG(ルフトハンザ・グループ)は、エティハド・アビエーション・グループ(EAG)が株式の一部を保有するエアベルリン(AB)と、このほどウェットリース契約を締結した。ルフトハンザグループ傘下のユーロウィングス(EW)が33機、オーストリア航空(OS)が5機をABからリースする。2月から開始する予定で、契約期間は6年とした。

■海外ニュース

ワンクリックアンケート

今年のGWの予定は?

投票する

助成金・補助金情報

「蒲郡市観光協会 MICE助成制度」
①助成金1人500円 ※上限は1団体10万円まで。利用宿泊施設によっては、1人250円で...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ