外務省、米国の感謝祭イベントに注意喚起、テロの恐れ

  • 2016年11月21日(月)

 外務省はこのほど、米国で11月24日のサンクスギビングデーの前後におこなわれるイベントの会場、翌日の「ブラックフライデー」のセールで賑わうショッピングモールなど、不特定多数の人が集まる場所がテロ行為の標的になる可能性があるとして、注意喚起のためのスポット情報を発出した。近年、不特定多数の人々が集まる場所をねらったテロ事件が多数発生していることを受けたもの。同省はイスラム教過激派がテロ行為を扇動するプロパガンダにおいて、サンクスギビングデーのパレードの写真を掲載したものが存在することを伝えている。

 外務省は米国への旅行者などに対し、報道などから最新の関連情報の入手に努めるとともに、テロの標的となりやすい場所を訪れる際には周囲の状況に注意を払うこと、不審な人物などを察知した場合は速やかにその場を離れることなどを要請。あわせて「たびレジ」への登録などを呼びかけている。

■海外ニュース

タイ国際航空
TABI Butler
求人広告
ワンクリックアンケート

一番ストレスが溜まるのは?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ