ハワイ地域航空大手がBSPジャパン加盟、IATA代理店で発券可に

  • 2016年9月6日(火)

 ハワイの地域航空会社大手のアイランドエアー(WP)はこのほど、BSPジャパンに加盟した。これにより日本のIATA公認代理店での航空券の発券が可能になる。WPの日本地区販売総代理店を務めるハワイアンネットワークによると、これまでは旅行会社とWPが販売報告や送金業務をおこなってきたが、今後は効率化やコスト削減が可能になることから、日本でのさらなる販売促進をはかる。

 WPは1980年に「プリンスヴィル・エアウェイズ」として設立。92年に「アイランドエアー」に改名し、現在はオアフ島、マウイ島、カウアイ島、ハワイ島の各島間で週238便を運航している。使用機材は64席のATR-72型機。

■海外ニュース

インフィニ 123キャンペーン
カンボジアアンコール航空
ワンクリックアンケート

今年の新入社員で退職した人は

投票する

助成金・補助金情報

「【グアム】グアム団体サポートキャンペーン2017」
▽実施主体 グアム政府観光局 ▽補助金交付の対象 旅行会社(同一団体につき申請...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ