日本航空、ヴィスタラと提携の検討開始、コードシェア視野に

  • 2015年10月21日(水)

 日本航空(JL)は10月20日、インドの航空会社ヴィスタラ(UK)と包括的な業務提携に向けた検討を開始することで合意した。JLは現在、成田/デリー線を1日1便運航しているが、インド国内では他のフルサービスキャリアとコードシェアなどはおこなっていないため、UKとの提携によりインド国内のネットワーク拡充をはかる考え。顧客の利便性向上とサービスの強化、相互送客による企業価値の向上をめざす。

 UKは、シンガポール航空(SQ)とインドのタタ財閥の持株会社であるタタ・サンズの合弁会社で、2013年9月に設立。インド唯一の国内線専門のフルサービスキャリアとして、15年1月に初便を運航し、現在はデリーやムンバイ、バンガロールなどインドの12都市間で、週293便を運航している。

 両社は今後、コードシェアを含めた提携について検討する予定。提携内容の詳細については未定だが、JLによると「コードシェアはできる限り早く開始したい」という。

■海外ニュース

インフィニ 123キャンペーン
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

今年の新入社員で退職した人は

投票する

助成金・補助金情報

「【グアム】グアム団体サポートキャンペーン2017」
▽実施主体 グアム政府観光局 ▽補助金交付の対象 旅行会社(同一団体につき申請...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ