セーバー、個人旅程管理アプリの日本語版開始

  • 2015年10月21日(水)

 セーバートラベルネットワークは先ごろ、個人旅程管理アプリ「トリップケース」を日本語化した。今までは英語でのみ提供していたが、このほど日本語、中国語繁体字・簡体字、韓国語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語版を作成。10月3日から日本語版のiOSとAndroid搭載のデバイスにアプリをダウンロードできるようにした。同社によると、今後も引き続き多言語化を進めていくという。

 トリップケースは手配済みのフライトやホテル、レンタカーなどの予約情報やEチケットなどを一括管理できるアプリで、スマートフォンなどのモバイル端末からもアクセスが可能。セーバー・コーポレーションによると、世界で11万社以上の旅行会社や航空会社が利用しているという。なお、セーバーのGDS以外を利用している旅行会社も利用できる。

■海外ニュース

インフィニ 123キャンペーン
カンボジアアンコール航空
ワンクリックアンケート

今年の新入社員で退職した人は

投票する

助成金・補助金情報

「【グアム】グアム団体サポートキャンペーン2017」
▽実施主体 グアム政府観光局 ▽補助金交付の対象 旅行会社(同一団体につき申請...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ