日本航空、3Q売上高は5.1%増9899億円、通期予想を上方修正

  • 2014年2月2日(日)

JLのB787型機 日本航空(JL)の2014年3月期第3四半期累計期間(2013年4月1日~12月31日)の連結業績で、売上高は前年比5.1%増の9899億円となった。旅客輸送事業では、旅客数が国際線で3%増の578万6863人、国内線で3.9%増の2384万1686人と増加。旅客収入も国際線が7.5%増の3313円、国内線が0.4%増の3749億円と前年を上回っている。

 一方、営業費用は8.7%増の8524億円と売上高の伸びを上回り、営業利益は13.1%減の1374億円に。経常利益は14.9%減の1312億円、四半期純利益は12.2%減の1235億円となった。

 期間中の輸送実績では、国際線は座席供給量を表す有効座席キロ(ASK)を4.4%増と拡大したところ、旅客輸送量を表す有償旅客キロ(RPK)が4.4%増と平行して増加。ややRPKの伸びが上回ったため、利用率は0.1ポイント増の76.2%となった。また、国内線はASKが2.6%増でRPKが2.9%増、利用率は0.2ポイント増の63.7%となった。

 このほか、JLグループのジャルパックでは、海外旅行は供給座席の増えたハワイや欧州が堅調であったものの、円安による販売価格の高騰で需要が伸び悩み、取扱人数が7.1%減の22万9000人と前年割れ。

 これに対して国内旅行は、東京ディズニーリゾート開園30周年の効果やJALダイナミックパッケージが好調に推移したことなどにより9.3%増の161万人となり、全体で連結消去前の営業収益は3.8%増の1296億円となった。

 なお、通期業績の予想は上方修正。昨年10月31日に発表した予想との比較で、売上高は50億円増の1兆2910億円、営業利益は30億円増の1580億円、経常利益は30億円増の1470億円、当期純利益は200億円増の1480億円とした。

 増収は国際線の旅客需要が好調であるためで、これに対して燃油価格の上昇などで営業費用が20億円増となり、営業利益は30億円の増加となる。また、当期純利益は営業利益の増加に加えて、法人税等調整額150億円、特別利益など20億円の増加を見込んでいるという。

■海外ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
ユナイテッド航空 成田-グアム線グループキャンペーン
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行することは好きですか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ