ルフトハンザ、コンゴのポワントノワールに就航へ−中央アフリカ路線強化

  • 2010年6月28日(月)
 ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)は11月3日から、フランクフルト/ポワントノワール(コンゴ)線に週5便で就航する。ポワントノワールはコンゴ第一の港湾都市。使用機材はボーイングB737-800型機で、座席数はビジネスクラス24席とエコノミークラス84席の計108席だ。また、同路線はガボンの首都リーブルビルを経由。リーブルビルへは現在ガーナのアクラを経由する便を運航しているが、ポワントノワールへの就航以降は直行便となる。

 なお、LHは現在、アフリカ西部と中央部への路線網拡大を重視しており、すでに西部には週33便を運航している。

■海外ニュース

TABI Butler
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

ストレス解消法は?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ