フィリピン、マニラのカジノ計画進む−日本企業が2010年開業予定

  • 2008年9月11日(木)
 フィリピン観光省(DOT)によると、マニラ湾沿いでカジノ建設プロジェクトが進んでいる。これは遊戯機大手の日本企業アルゼが展開するもので、このほど建設用地とカジノ営業権の暫定ライセンスを取得した。地上33階建て、客室数約2000室のカジノリゾートホテルを建設する計画で、完成後は約2万平方メートルのカジノやコンベンションホール、ミュージアム、高級スパ、プール、ブランドショッププロムナード、レストラン、水族館、観覧車などのアミューズメント施設を備える床面積約57万平方メートルの規模になる。2010年4月にはカジノを先行オープンし、2011年11月にホテルの営業を開始する予定。

■海外ニュース

JNTO
TABI Butler
求人広告
ワンクリックアンケート

一番ストレスが溜まるのは?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ