大韓航空のLCC、2009年中に日本就航の可能性も−ブランド名はジンエアーに

  • 2008年6月17日(火)
 大韓航空(KE)の格安航空会社(LCC)「ジンエアー」(旧エアコリア)が、早ければ2009年の夏にも日本路線に就航する可能性があることがわかった。今年7月中に国内線初便を運航する計画で、1年間は国内線の運航実績を積み、国際線就航に繋げるようだ。国際線の計画は未定だが、日本就航にも意欲を示す。日本地域本部/旅客チーム長/部長の黄圭烈氏は、個人的な考えと前置きしつつ「採算の厳しい地方路線などを代替する可能性もある」と述べ、あらゆる可能性を検討することになると語った。


▽社名は「ジンエアー」、ユニフォームはジーンズでカジュアルに

 ジンエアーは6月15日、韓国の明洞でブランドローンチングイベントを開催し、社名、およびブランド名をエアコリアから「ジンエアー」に変更したことを発表した。真実の「真(韓国読みで“ジン”)と、英語の「Jean」から名づけ、実用的かつ競争力のあるサービスで、旅行の新しい概念を生み出していくという意味を込めた。若者をターゲットに、モノクラスで座席指定なし、オンライン販売限定など、価格訴求が可能なLCCのビジネスモデルを採用することを発表。その一方、乗員のサービスや機材メンテナンスはKEのレベルに維持し、「プレミアムなサービスを提供する実用的な航空会社」をめざす考えだ。

 また、ロゴには水色と紫の蛍光色で彩った蝶々を採用し、いつでも気軽に利用できるエアラインのサービス精神を表現。航空機も銀色と航空機で使われにくい黄緑色を基調に、若々しく斬新で差別化されたサービスをアピールしていく。乗務員のユニフォームは、社名に象徴する「ジーンズ」を採用。ジーパンとTシャツ、ジャケットのカジュアルなスタイルで搭乗客との距離感を縮め、快適な空の旅を提供していく。

 なお、ジンエアーでは今回のイベントを皮切りに、ブランド浸透を目的とした街頭でのピーアールイベントを新村、盆唐などソウルの首都圏を中心に、7月末まで展開する予定だ。


▽関連記事
大韓航空のLCC、7月に初便を運航へ−金浦/済州線から拡大めざす(2008/05/16)

大韓航空、LCC運航開始は来年5月から−中国、日本、タイ、マレーシアへ(2007/11/26)

大韓航空、LCC設立を明言−機材はB737型機で短中距離国際線に就航(2007/06/05)

■海外ニュース

OFC無料講座
求人広告
ワンクリックアンケート

健康で気を使っていることは?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ