ニュージーランド航空、6月30日までの燃油サーチャージ額を据え置き

  • 2008年3月19日(水)
 ニュージーランド航空(NZ)は、4月1日から6月30日発券分の日本発ニュージーランド行きの燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を現行に据え置くことを決定、国土交通省に申請した。4月以降の3ヶ月間は、141米ドルを継続して設定した。

 なお、燃油サーチャージの改定方針は変更。現行は毎月日本時間10日午前10時にシンガポールケロシン市況を確認し、直近30営業日連続して基準価格を下回った場合に改定するが、4月以降は3ヶ月間の平均価格から算出。また、燃油サーチャージ額は、ケロシン市況が85ドルの場合に108米ドル、 85ドルの場合に98米ドルと5米ドル刻みの設定から、4月以降は平均90ドルを下回ると108米ドル、80ドルで95米ドルと10ドル刻みに変更している。

■海外ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行会社で勤務経験がある有名人は誰でしょう?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ