ルフトハンザ・ドイツ航空、フランクフルト/アンゴラ線の直行便を4月に就航

  • 2008年1月9日(水)
 ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)は夏季スケジュールの開始にあわせ、4月1日からフランクフルト/アンゴラ線の直行便を週1便で就航する。利用機材は総座席数221席のエアバスA340‐300型機。これにより、LHのアフリカでの就航都市は15都市となる。アンゴラはナイジェリアに次ぐアフリカ第2位の石油輸出国で、首都ルアンダは、ダイヤモンド、鉱石などの原料取引により経済的成長が著しい重要な市場とされている。

■海外ニュース

TIC事業継承
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

スニーカーといえば

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ