JAL、2月の国際線旅客はコロナで2割減-米豪は増加

4月1日(水)

日本航空(JL)がこのほど発表した今年2月の輸送実績によると、国際線旅客数の合計は新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、前年比22.2%減の55万3964人となった。座席供給量は運休・減便が続いた一方で0.2%増と微増したのに対し、旅客輸送量は10.7%減となり、利用率は8.7ポイント減の71.1%に落ち込んだ。方面別の旅客数は、同月時点では感染拡大の影響が比較的小さかった「米大陸」と「オセア... 続きを読む

航空会社

メール新規登録
ワンクリックアンケート

コロナの影響で早期退職、レイオフの予定が

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ