関空、2月の国際線旅客数はコロナ拡大で46%減、国内線も3%減

  • 2020年3月26日(木)

 関西エアポートによると、関空の今年1月の総旅客数(速報値)は前年比37%減の157万6536人となった。1月下旬以降の新型コロナウイルスの感染拡大によって主に国際線に影響が出たかたちで、このうち国際線旅客数は46%減の106万9980人。内訳は日本人が11%減の51万910人で、外国人が61%減の54万2300人。通過旅客数は39%減の1万2710人。国内線旅客数は3%減の50万6556人だった。

 国際線旅客便の発着回数は29%減の7685回。国内線旅客便は6%増の3661回だった。

 このほか、国内線のみが発着する伊丹の旅客数は1%減の118万9946人で、旅客便発着回数は4%減の1万671回。神戸は旅客数が8%増の26万6176人で、発着回数は30%増の2114回だった。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ