JNTOとシンガポール航空、訪日観光促進で協力覚書

  • 2019年7月25日(木)

 日本政府観光局(JNTO)とシンガポール航空(SQ)はこのほど、シンガポール、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリアの5市場から日本への観光を促進することを目的とする、協力覚書を締結した。今後は2020年の訪日旅行者数4000万人の目標達成に向けた各種事業を展開する予定で、今年度はマーケティング活動に約5000万円を投じる。

 SQとその子会社のシルクエアー(MI)、スクート(TR)は、日本/シンガポール間において合計週117便を運航中。JNTOが航空会社と協力覚書を締結するのは初めてという。

 JNTOによれば、シンガポールからの訪日旅行者数は過去5年間で2.3倍に増加し、18年は前年比8.2%増の43万7280人にまで増加している。インドは14.6%増の15万4029人、インドネシアは12.6%増の39万6852人、マレーシアは6.6%増の46万8360人、オーストラリアは11.6%増の55万2440人。

■国内・訪日ニュース

ヴァージン・オーストラリア航空
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

旅行業界で天才と思える人材に出会ったことが

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ