楽天、Booking、Expediaが独禁法違反か、公取委が立入検査

  • 2019年4月10日(水)

 公正取引委員会は4月10日、独占禁止法違反の疑いにより楽天トラベル、Booking.com Japan、エクスペディアホールディングスの3社に対して立入検査を実施した。いずれも宿泊施設に対して、仲介を引き受ける際に自社サイトでの提供価格が競合サイトでの価格を上回らないよう要求するなど、不当に有利な取引を要求した疑いがあるという。

 公取委は今後、立入検査で得た資料や情報などをもとに調査を進め、違反が認められた場合は行政処分を下す予定。

 楽天は同日に「立入り検査を受けた事実を厳粛かつ真摯に受け止め、公正取引委員会の検査に全面的に協力してまいります」との声明を発表し、検査の経過などについては判明次第公表するとしている。Booking.comとExpediaグループは10日午後の時点で正式なコメントは発表していないが、本誌の取材に対して今後の調査に全面的に協力を続ける旨を回答している。

 なお、いわゆる「レートパリティ」の問題を巡っては諸外国でも問題視されており、契約に盛り込むことを禁止する国も出てきているという(参考)。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

ユナイテッド航空 成田-グアム線グループキャンペーン
求人広告
ワンクリックアンケート

夏季休暇は何月に取りますか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ