福島へ12万人送客 ANTA、第14回国内観光活性化フォーラム開催(2) ANTA会員が復興支援

  • 2019年3月8日(金)

 元ラジオ福島アナウンサーの大和田新さんは「伝えることの大切さ、伝わることの素晴らしさ―来て、見て、感じて。福島の良さ」と題し記念講演を行った。

 国内観光活性化フォーラムの開催地に対しては毎年、ANTA会員による送客キャンペーンを実施している。昨年は高知県への送客キャンペーンで、目標の3万人を上回る3万5千人を送客した。今年の福島は従来を大幅に上回る12万人の送客目標が示され、会場から驚きの声が上がるとともに意気込む会員の姿も見られた。

 また恒例の学生がつくる福島県の着地型旅行プランコンテストでは「奥会津みぃつけた!伝統体験の旅」で最優秀賞を受賞した福島大学の岩崎綾さんら優秀者の表彰も行われた。

 次回の国内観光活性化フォーラムは、20年2月12日に熊本県熊本市の熊本城ホールで行う予定で、16年の熊本地震からの復興をアピールする。

 会場を移しホテルハマツで開かれた懇親会は、オープニングアトラクションとして、東日本大震災の復興のシンボルとなったスパリゾートハワイアンズ(いわき市)のフラガールが躍動感のあるフラを披露。国土交通省東北運輸局の吉田耕一郎局長の乾杯で盛大に行われた。

(トラベルニュースat 19年2月25日号)

 (前の記事)福島へ12万人送客 ANTA、第14回国内観光活性化フォーラム開催(1) 二階会長「地域経済の活性化を」


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

TIC事業継承
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

スニーカーといえば

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ