ホテルセイリュウが開業15周年 記念祝賀会に150人参加/大阪

  • 2019年2月22日(金)

 大阪府東大阪市のホテルセイリュウ(土方啓詔社長)がこのほど「開業十五周年記念祝賀会」を開き、150人が祝いに駆けつけた。

 土方社長は「開業の2003年は阪神タイガースが18年ぶりにリーグ優勝を果たし、地上デジタル放送が始まった年でした。11月に破たん寸前だった当施設を皆さまからのご支援でスタートラインに立たせていただきました」「これからは民間主導で培ってきたものづくり観光、新しく生まれ変わった花園ラグビー場を軸としたスポーツツーリズムに取り組みます。これまで教育旅行で来ていただいた若者に新しい旅館ホテルの使い方を積極的に提案し需要を発掘していきたい」「スタート時と同様に地元を愛し地元に愛される旅館を目指します」と語った。

 来賓の大阪商工信用金庫の片桐陽会長は「15年前、当庫の支店長がホテルセイリュウを潰すのは東大阪の火が消えることだ、絶対に潰さないでほしいと言ってきました。社員で旅館を経営するというので会ったのが土方社長です。話をして、この人ならと旅館を託しました。会社は経営者次第です。再生したことで東大阪が全国から注目され、多くの人がお越しになることで地域が活性化します。地域を元気にするのが金融機関の役目です。これからも東大阪のために頑張ってほしい」とエールを送った。

 東大阪市の野田義和市長は「東京スカイツリーのボルト40万本、日産やトヨタの車の部品など、どこにも東大阪の企業による製品が入っているものづくりのまちが東大阪です。東大阪にとってホテルセイリュウの発展は欠かせません」。

 このあと日本政策金融公庫東大阪支店中小企業事業統括の今井啓之さんが乾杯の音頭をとり、祝宴に移った。祝賀会のスタートから終盤までを撮った映像が流され、参加者すべての氏名がエンドロールで紹介されるという演出があり、参加者の関心を集めていた。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

ベルトラ1
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

通勤のカバンは

投票する

助成金・補助金情報

「【宮崎県】延岡観光協会~延岡への新たな流れをつくる誘客事業~」
(1)事業の目的延岡市への新たな観光客誘致を促進するため、九州外(訪日旅行含む)から旅行...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ