ANAとJAL、年末年始の国際線旅客は3.4%増、利用率は89%

  • 2019年1月7日(月)

 全日空(NH)と日本航空(JL)が1月7日に発表した年末年始(12月28日~1月6日)の国際線の利用実績で、2社の旅客数は前年比3.4%増の60万119人だった。座席数は1.7%増の67万4624席、利用率は1.4ポイント増の89.0%だった。

 NHは座席数が3.7%減の34万6633席で、B787型機のロールスロイス製エンジンの点検などの影響による中部/上海(浦東)線の運休や成田/ロサンゼルス線の減便などにより前年を下回った。旅客数は1.4%減の30万389人、利用率は2.0ポイント増の86.7%。JLは座席数が8.2%増の32万7991席、旅客数が8.7%増の29万9730人、利用率が0.4ポイント増の91.4%だった。座席数と旅客数はNHがJLを上回ったが、利用率はJLが4.7ポイント上回った。

 方面別では、NHで最も多かった方面は「アジア・オセアニア」で0.1%増の13万8923人。最も伸び率が高かったのは「リゾート」で13.0%増の1万4131人だった。このほか、「欧州」が7.0%増の2万6201人と前年を上回った。最も落ち込んだのは「中国」で6.6%減の7万359人だった。

 利用率が最も高かったのは「リゾート」で0.9ポイント減の96.1%と唯一の90%台となった。利用率の伸び率の1位は「中国」で5.1ポイント増の83.3%だった。最も落ち込んだのは「リゾート」で、「アジア・オセアニア」も0.4ポイント減の88.3%と前年を下回った。

 JLの旅客数で最も多かったのは「東南アジア」で6.0%増の7万1941人。伸び率が最も高かったのは昨年の3月25日から成田線を1日2便に増便した「グアム」で、94.5%増の8709人だった。最も落ち込んだのは「韓国」で8.4%減の1万8872人。「オセアニア」も3.1%減の6794人となった。

 利用率が最も高かったのは「グアム」で0.3ポイント減の95.1%。利用率の伸び率の1位は「米大陸」で5.9ポイント増の91.4%で、「東南アジア」も1.9ポイント増の93.6%と前年を上回った。最も落ち込んだのは「韓国」で8.0ポイント減の84.1%だった。

 期間中にチャーター便や臨時便を運航したのはJLで、予定通りチャーター便として成田/コロール線を片道5便、臨時便として成田/ホノルル線を片道5便それぞれ運航。さらに臨時便として成田/グアム線を片道1便運航した。

 日本発のピーク日は、NHが12月28日と29日、JLが12月29日。日本着はNHが1月4日から6日、JLが1月5日と6日だった。

 なお、両社が12月21日に発表した予約状況からの増減は以下の通り。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行会社で勤務経験がある有名人は誰でしょう?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ