成田、発着枠増に向け新高速離脱誘導路の一部供用開始、12月6日から

  • 2018年12月4日(火)

12月から供用を開始する高速離脱誘導路(※クリックで拡大)  成田国際空港(NAA)は12月6日から、再整備を発表していた高速離脱誘導路の一部について、先行して供用を開始する。高速離脱誘導路は着陸後の飛行機が駐機場に向かうためのもので、航空機の性能などをふまえて最適な位置・形状に再整備することで、航空機の滑走路占有時間を短くし、1時間あたりの発着回数を増やすことが可能になる。

 NAAでは2020年夏ダイヤにおける1時間あたりの発着回数を現在の68回から72回に増やすため、高速離脱誘導路を計7本再整備する計画に取り組んでいるところ。今回はこのうち、A滑走路の4本とB滑走路の1本の供用を開始し、19年度末までに残るA滑走路の2本を再整備する予定。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

ベルトラ1
求人広告
ワンクリックアンケート

私の中のM-1グランプリの優勝は

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ