ANAとJAL、上期国際線旅客は12.5%増、ANAは初の500万人超

  • 2018年11月5日(月)

9月単月の国際線旅客は4.6%増、国内は減少

 9月単月の2社の国際線旅客数の合計は4.6%増の156万8258人だった。ASKは3.4%増、RPKは4.6%増で、利用率は1.0ポイント増の80.3%となった。

 このうちNHは旅客数が3.3%増の81万9268人、ASKが1.4%増、RPKが3.9%増、利用率が1.9ポイント増の78.5%。JLは旅客数が6.1%増の74万8990人、ASKは5.8%増、RPKは5.4%増となり、利用率は0.2ポイント減の82.5%と前年を下回った。

日系航空会社2社
2018年9月 国際線運航実績

全日空日本航空合計
旅客数(人)819,268748,9901,568,258
前年比103.3%106.1%104.6%
旅客輸送量
(千キロ)
4,182,6163,731,7847,914,400
前年比103.9%105.4%104.6%
座席供給量
(千キロ)
5,329,9534,524,8789,854,831
前年比101.4%105.8%103.4%
利用率78.5%82.5%80.3%
前年比+1.9pts-0.2pts+1.0pts
*1 一部に他社によるJL運航便の販売分を含む
*2 一部数値・前年比は推計値の可能性あり

 方面別の旅客数では、NHは全方面で3%台の伸びを示しており、最も伸長したのは「欧州」で3.9%増の7万9205人。次いで「北米・ホノルル」が3.7%増の18万1065人、「アジア・オセアニア」が3.1%増の55万8998人と続いた。利用率の1位は「欧州」で2.9ポイント増の88.3%。利用率が最も伸長したのは「アジア・オセアニア」で3.7ポイント増の75.4%だった。前年を下回ったのは「北米・ホノルル」で0.8ポイント減の78.1%だった。

全日空 2018年9月国際線利用実績

方面旅客数前年比RPK
(千キロ)
前年比ASK
(千キロ)
前年比利用率前年比
北米・ホノルル181,065103.7%1,579,727103.1%2,023,622104.3%78.1%-0.8pts
欧州79,205103.9%749,833103.8%849,428100.4%88.3%+2.9pts
アジア・オセアニア558,998103.1%1,853,056104.6%2,456,90499.5%75.4%+3.7pts
合計819,268103.3%4,182,616103.9%5,329,953101.4%78.5%+1.9pts

 JLの方面別の旅客数では、「韓国」が2.7%減の4万6041人となった以外は前年を上回った。このうち「ハワイ・グアム」が14.1%増の10万6765人となり、唯一の2桁増となった。昨年9月の成田/メルボルン線の運航開始以来、2桁増が続いてきた「オセアニア」は、1年が経過したことで1.2%増の1万7798人となった。

 利用率が最も高かったのは「欧州」で3.5ポイント増の89.9%。「中国」が4.9ポイント増の85.1%、「韓国」が8.0ポイント増の84.7%と続いた。利用率の伸び率が最も高かったのは「韓国」だった。最も落ち込んだのは「ハワイ・グアム」で6.0ポイント減の81.9%。「東南アジア」も2.2ポイント減の78.8%となった。

日本航空 2018年9月国際線利用実績

方面旅客数前年比RPK
(千キロ)
前年比ASK
(千キロ)
前年比利用率前年比
米大陸110,571104.7%1,053,820104.7%1,281,757103.2%82.2%+1.2pts
欧州67,543102.1%602,172102.1%669,99298.2%89.9%+3.5pts
東南アジア271,856104.9%1,055,728106.7%1,340,504109.7%78.8%-2.2pts
オセアニア17,798101.2%141,481101.0%173,058100.0%81.8%+0.8pts
ハワイ・グアム106,765114.1%586,052107.9%715,578115.8%81.9%-6.0pts
韓国46,04197.3%52,39295.9%61,86486.8%84.7%+8.0pts
中国127,573109.6%239,103110.5%281,074104.1%85.1%+4.9pts
合計748,990106.1%3,731,784105.4%4,524,878105.8%82.5%-0.2pts
*1 一部に他社によるJL運航便の販売分を含む
*2 一部数値・前年比は推計値の可能性あり

国内線の利用率は2年4ヶ月ぶりに減少

 国内線の9月の運航実績で、2社の旅客数の合計は6.3%減の607万5899人となり、台風21号や北海道胆振東部地震の影響などにより前年を下回った。ASKは5.3%減、RPKは6.6%減。利用率は1.0ポイント減の72.9%で、16年5月以来2年4ヶ月ぶりに減少した。

日系航空会社2社
2018年9月 国内線運航実績

全日空日本航空合計
旅客数(人)3,238,2792,837,6206,075,899
前年比92.5%95.0%93.7%
旅客輸送量
(千キロ)
2,988,7672,121,6955,110,462
前年比93.2%93.8%93.4%
座席供給量
(千キロ)
4,189,2692,825,5207,014,789
前年比93.3%96.9%94.7%
利用率71.3%75.1%72.9%
前年比-0.2pts-2.5pts-1.0pts

 NHは旅客数が7.5%減の323万8279人で、ASKが6.7%減、RPKが6.8%減、利用率は0.2ポイント減の71.3%。B787型機のエンジントラブルによる欠航も響いた。

 JLは旅客数が5.0%減の283万7620人で、ASKが3.1%減、RPKが6.2%減で、利用率は2.5ポイント減の75.1%だった。旅客数はNHが、利用率はJLがそれぞれ上回った。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019

メール新規登録
ワンクリックアンケート

健康の悩みがありますか?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ