スーパースターヴァーゴをリブランド、ゲンティンのドリームクルーズへ

  • 2018年9月12日(水)

客船「ゲンティン ドリーム」 ゲンティンクルーズラインは、スタークルーズの旗艦船「スーパースターヴァーゴ」を「エクスプローラードリーム」にリブランドし、19年春からドリームクルーズの一員として運航する計画だ。

 これはドリームクルーズのグローバル展開を意図したもので、19年3月に約3000万米ドルを投じて改装を実施。ドリームクルーズが特徴とする、バトラーサービスを提供するスイート50室や、クリスタルライフスパも新設する予定。

 リブランド後は、19年夏に上海と天津、北京を母港として日本やロシア、香港、フィリピンへと航海する計画。さらに、グローバル展開の一環として19年冬にはシドニーとオークランドを母港とし、7泊8日クルーズを21回実施するという。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

JNTO
TABI Butler
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

ストレス解消法は?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ