8月の旅行業倒産は2件-件数、負債額とも大幅減

  • 2018年9月10日(月)

 東京商工リサーチ(TSR)によると、2018年8月の旅行業倒産件数は前年の5件から2件に減少し、2ヶ月連続で前年を下回った。負債総額も75.7%減の8900万円で、こちらは2ヶ月ぶりに前年を下回った。

 8月に発生した2件のうち1件は、東京都の第2種旅行業者「国内旅行」。社名の通り国内旅行を専門とし航空券手配などを手がけており、15年9月期には約7億円の売上を計上していたが、16年のうちに事業を事実上停止。債務整理を経て今年8月15日に東京地裁から破産開始決定を受けていた。同社の負債総額は5900万円であった。

 なお、8月の宿泊業倒産状況は、件数が1件増の6件、負債総額が124.1%増の40億円となった。

TSR発表資料より転載(クリックで拡大)

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

ニュージーランド航空で、もっと楽しい空の旅
求人広告
ワンクリックアンケート

会社から携帯電話(スマホ含む)を支給されていますか?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ