日本航空、海外の法人営業でVR活用、機内の魅力を紹介

  • 2018年7月5日(木)
使用イメージ

 日本航空(JL)と、VR(仮想現実)コンテンツのプラットフォームを提供するナーブは、海外の法人セールスにおいて、VRを活用してJL機内の魅力を伝える実証実験を実施する。JLとナーブはこれまでもVRを活用し、海外の顧客に対するJLの認知度向上に取り組んできた。昨年は海外空港カウンターでVRを活用した座席アップグレードの仮想体験を実施した。

 今回の法人セールスの実証実験では、シートだけでなく機内食や客室乗務員のサービスについても仮想体験を提供し、従来はパンフレットなど紙媒体でしか表現できなかったシートの快適性やJLならではのおもてなしをわかりやすく伝える。

 JLによれば、ナーブの最新技術を活用した、軽量で折り畳み可能な新型VRゴーグルを使用するため、営業先のオフィスや展示会場などさまざまな場所で、手軽に機内にいるかのような臨場感のある映像を提供できるという。

 実証実験は7月から2019年の3月までを予定しており、対象地域は香港、シンガポール、オーストラリア。今後拡大する予定という。

■国内・訪日ニュース

タイ国際航空
TABI Butler
求人広告
ワンクリックアンケート

一番ストレスが溜まるのは?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ