増減なしの80.4% JCHA調査・5月の全国平均客室利用率

  • 2018年6月21日(木)

 全日本シティホテル連盟(JCHA)が調査した会員施設の5月の全国平均客室利用率は、前年同月比で増減なしの80.4%だった。

 地域別では関東が84.4%でトップ。近畿82.2%、東海78.7%が続く。反対に低かったのは四国21.5%が最低だが、これは調査協力施設が昨年より減少した影響。東北63.0%、北陸66.6%も低調だった。

 前年同月と比較すると、北海道3.3ポイント増、甲信越2.9ポイント増、中国2.7ポイント増が数字を伸ばした。

 2大都市圏は、東京都が同1.5ポイント増の87.9%、大阪府が2.1ポイント増の83.3%。

 調査協力施設は118軒。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2018
TABI Butler
ビズリーチ

助成金・補助金情報

「【宮崎県】延岡観光協会~延岡への新たな流れをつくる誘客事業~」
(1)事業の目的延岡市への新たな観光客誘致を促進するため、九州外(訪日旅行含む)から旅行...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ