JR東日本、20年春に伊豆へ観光列車投入

  • 2018年6月7日(木)

 JR東日本は2020年春に東京・新宿―伊豆急下田間にグリーン個室車両などからなる新たな観光列車(予想図)を運行すると発表した。訪日外国人旅行者が急増する中、首都圏から近い伊豆エリアへの関心を高め、観光活性化に寄与する。

 新造車両のデザインはTRAIN SUITE 四季島や山手線の新型車両などを手がけた「KEN OKUYAMA DESIGN」が担当。

 8両2編成で定員は164人。1号車は同社では初めてとなる座席が1+1列のプレミアムグリーン車。収納スペースを座席下に配置し、側面の広い窓と天窓から大きな視野を確保する。2―3号車は定員4人と6人のグリーン個室。4号車はオープンキッチンで麺を提供するヌードルバー。5―8号車は2+1列のグリーン車。

 外観は伊豆の海と空を表現した紺碧色をベースに、車体側面はユネスコの世界ジオパークに認定された伊豆半島を代表する「城ケ崎海岸の黒々とした岩石」をイメージ。また、車両前面から屋根上にかけては「伊豆の砂浜が太陽の光を受けて金色に輝く様子」を白のラインで表現する。

 伊豆エリアでは、JR東日本が16年7月から、小田原―伊豆急下田間に観光列車「伊豆クレイル」を運行。東急電鉄と伊豆急行が17年7月から、横浜―伊豆急下田間に観光列車「ザ・ロイヤル・エクスプレス」を投入するなど、観光列車時代を迎えている。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
ワンクリックアンケート

フライドポテトで一番おいしいと思うチェーン店は?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ