宿泊旅行単価増で2.1%増の4兆5千億円 1-3月の旅行消費

  • 2018年6月6日(水)

 観光庁が5月17日に発表した1―3月期の日本人の旅行・観光消費動向調査結果(速報)によると、国内旅行消費額は前年同期比2.1%増の4兆5121億円だった。旅行者数の減少分を主に宿泊旅行単価の増加分がカバーし前年より増加となった。

 国内旅行消費額のうち、宿泊旅行消費額は同5.6%増の3兆5132億円、日帰り旅行消費額は同8.5%減の9988億円。

 国内延べ旅行者数は同7.3%減の1億2832万人と年々減少が続いている。内訳は宿泊旅行の旅行者数が同2.2%減の6864万人、日帰り旅行の旅行者数が同12.6%減の5967万人。

 旅行1回あたりの旅行単価は同10.1%増の3万5163円と大きな伸び。宿泊旅行が同7.9%増の5万1181円、日帰り旅行は同4.7%増の1万6738円だった。旅行人数の減少が続くのに対し単価は年々増えており、旅への消費意欲の増加、高級化が進んでいるようだ。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

SkyTeamワークショップ&セミナー2018in大阪
ベルトラ1
求人広告
ワンクリックアンケート

買うならどのスマートスピーカー?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ