旅の中心に“体験” JTB調査、工場見学や観光列車が人気

  • 2018年5月21日(月)

 JTBはこのほど、体験型旅行に関するウェブアンケート調査の結果をまとめた。「体験が旅先の決定に影響を与える」が約6割になるなど、旅における“体験”の存在感の高まりを感じさせる結果となった。

 旅先を決める際にその地で体験できることが「影響する」が20.4%、「どちらかというと影響する」が36.2%、あわせて約57%が“体験”を重視している結果に。「2018年は体験型旅行が増えると思うか」の問いでも「増える」が17.8%、「どちらかというと増えると思う」が50.0%と関心の高さがうかがえる。

 過去3年間での体験した事柄は、工場見学、観光列車への乗車、果物狩りなど収穫体験の順に多く、この3つが抜けて多い。同社では、このような体験を盛り込んだツアーが多く企画されていることが影響しているとみている。では今後したい体験は、観光列車への乗車が1024票で最多。2位の工場見学が684票ということを考えると、観光列車への憧れはかなり高そうだ。

 経験者数トップの工場見学では、お菓子、食品、ビール・酒類などの飲食系への興味が高く、夫婦や家族で出かけたいという結果に。注目を集めるインフラツーリズムに関してはダムや鉄道関連施設に興味を示す人が多かった。

 調査は同社の旅のアンケート「たびQ」で1月、全国の20歳以上の男女を対象に実施した。有効回答数は2130。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

SkyTeamワークショップ&セミナー2018
TABI Butler
求人広告
ワンクリックアンケート

サッカーW杯で日本代表は予選リーグで何勝できる?

投票する

助成金・補助金情報

「【愛知県】蒲郡市観光協会 教育旅行インバウンド助成制度」
▽補助金交付の対象 ・日本にあるランドオペレーターまたはレップ ・直接宿泊手配をした...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ