春彩る花と雪の“大谷” 富山県砺波市・立山黒部

  • 2018年5月7日(月)

 花と雪が競演する「となみチューリップフェア」と「立山・雪の大谷ウォーク」。春の富山県観光の2大イベントのPRに、プリンセスチューリップの若林真帆さん、砺波市商工観光課の北市一仁さん、立山黒部貫光の裕平正之さんと武田史織さん、同社西日本営業所の二本松信吾さんが来社した。

 となみチューリップフェアは4月20日―5月5日の16日間、砺波チューリップ公園を主会場に開催。東京ドーム3個分の広さにチューリップが咲き、目玉は高さ4メートル長さ30メートルの「花の大谷」。若林さんは「花壇でいろんな驚きを演出します」と来場をアピール。

 ゴールデンウイークの砺波市はもう一つ、見どころがある。「砺波独特の散居村にある田んぼに水が入ります。夕刻にぜひ市内の高台を訪れてください。夕陽を浴びた田んぼの絶景が見られます」と北市さん。

 雪の大谷ウォークは4月15日―6月22日の69日間、最大20メートルほどの雪の壁を体験できる。今年は25回目の節目を迎え、5月6日まではネイチャー編として雪をさらに間近に感じることができるパノラマロードを開設。5月7日からは雪の巨大迷路などアドベンチャー編を展開する。

 武田さんは「25年間の累計で今年300万人を突破します。宿泊したからこそ見られる夕陽、星空もお勧めです」。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

SkyTeamワークショップ&セミナー2018in大阪
ベルトラ1
求人広告
ワンクリックアンケート

買うならどのスマートスピーカー?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ