マレーシア航空、関空線にもA350-900導入、8月5日から

  • 2018年4月15日(日)

MHのA350-900型機(エアバス社提供)  マレーシア航空(MH)はこのほど、1日1便で運航中の関空/クアラルンプール線に、8月5日からA350-900型機を導入すると発表した。座席数はファーストクラス4席、ビジネスクラス35席、エコノミークラス247席の計286席で、MHが関空線でファーストクラスを提供するのは初めて。現在は政府認可申請中。

 同路線は現在、ビジネス27席、エコノミー261席、計288席のA330-300型機で運航しており、座席数はほぼ同じ。なお、A350-900型機は5月5日から成田/クアラルンプール線にも導入する予定。

 同型機による関空/クアラルンプール線の運航スケジュールは以下の通り。

▽MH、関空/クアラルンプール線運航スケジュール(8月5日~10月27日)
MH053便 KIX 09時55分発/KUL 15時50分着(毎日)
MH052便 KUL 22時10分発/KIX 05時40分着※翌日(毎日)
※MH053便は8月6日から導入

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

ビズリーチ
求人広告
ワンクリックアンケート

私の中のM-1グランプリの優勝は

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ