阪急交通社グ、2月の国内は2.6%増-訪日は34%増

  • 2018年4月11日(水)

 阪急交通社グループ3社の2月の旅行取扱状況で、国内旅行の取扱額は前年比2.6%増の91億7263万円だった。主力の阪急交通社は2.8%増の90億1598万円で、東北、関東、北陸・甲信越、東海、近畿、九州など多方面が好調だったという。

 業務渡航系の2社のうち、阪急阪神ビジネストラベルは11.5%減の2億5374万円。企業の出張や団体旅行が減少した。阪神トラベル・インターナショナルは17.1%増の1231万円。なお、取扱額の合計はグループ内取引を相殺した上で発表している。

 グループ3社の外国人旅行の取扱額は33.9%増の8070万円。阪急交通社は49.4%増の7434万円、阪急阪神ビジネストラベルは39.6%減の636万円で、阪神トラベル・インターナショナルは外国人旅行を取り扱っていない。

 なお、3社の海外旅行の取扱額の合計は4.9%増の154億5407万円で、総計は4.1%増の247億739万円だった。海外旅行の詳細は別途記載(下記関連記事)。

■国内・訪日ニュース

TIC事業継承
たびほアフィリエイトパートナープログラム
求人広告
ワンクリックアンケート

IATAのNDC(New Distribution Capability)について

投票する

助成金・補助金情報

「【秋田県】秋田犬の里 長距離フェリー旅行商品造成費等助成事業」
▽実施主体 秋田県環日本海交流推進協議会 ▽補助金交付の対象 旅行会社 ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ