ハウステンボス、世界初の「移動式球体型水上ホテル」開業へ

  • 2018年3月6日(火)

ホテルの外観  ハウステンボス(HTB)は3月6日、昨年12月の決算発表会で明らかにしていた世界初の「移動式球体型水上ホテル」の開発に関して、今月に実証実験を開始すると発表した。ホテルの名称は未定。4月28日に同園沖の大村湾の無人島に開業する「JURASSIC ISLAND」への移動手段としても機能する。

客室の様子  同ホテルの直径は6.3メートル。3フロアに別れており、このうち3階が約5平方メートルのデッキ、2階が約28平方メートルの2名から3名用の客室1室、1階が重りなどを設置するスペースとなる。客室は和室と洋室に分かれており、トイレやシャワー、バスタブなども設置。スタッフは常駐せず、移動の際は船がホテルを牽引するという。

 3月の実証実験では社員が宿泊し、ゴールデンウィーク以降はモニターを募って移動と宿泊を体験してもらう。18年中は2艇で営業し、将来的には10艇から20艇程度に増やす予定。なお、それぞれのホテルは「船舶」として登録する。

■国内・訪日ニュース

ビズリーチ
求人広告

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ