住友林業も民泊参入、百戦錬磨と提携、住宅ストック活用

  • 2017年12月17日(日)

 住友林業は12月15日、百戦錬磨との業務提携契約締結を発表し、民泊事業に参入することを明らかにした。宿泊および民泊を新たな事業領域と捉え、保有する住宅ストックを民泊施設として活用。運営は百戦錬磨が担う。住友林業が住宅事業で培った施工力や、木材・建材事業で培った調達力などを活かしたリノベーションにより、良質な民泊施設を提供するという。

 住友林業は社内に「民泊推進窓口」を設置し、今後は収集した情報をもとに、両社で宿泊需要の喚起に向けた企画を検討。訪日旅行需要の取り込みや、古民家や農泊などを核にした観光振興などにも取り組むという。第1弾の取り組みとして来春を目途に、今年9月に取得した国家戦略特区の大阪市西区の賃貸マンションを、住友林業の「公認民泊マンション」として提供開始する。

■国内・訪日ニュース

オーエフシー
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

スキルアップするならどの分野ですか?

投票する

助成金・補助金情報

「【グアム】グアム団体サポートキャンペーン2018」
▽実施主体 グアム政府観光局 ▽補助金交付の対象 旅行会社(同一団体につき申請...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ